ToMomiLog: 赤ちゃんと遊びながら教育しよう

赤ちゃんは、行動や性格から信念に至るまで、ほとんどのことをあなたから学びます。赤ちゃんも大人と同じように、愛情と注意を必要としています。新しいおもちゃでご褒美をあげるよりも、笑顔やハグ、キスでご褒美をあげたほうがいいでしょう。 

それにより赤ちゃんは自分が愛されていることを知ることができ、それは成長にとってとても大切なことです。1ヶ月目から11ヶ月目までお子さまの成長を目の当たりにしてきた今、ToMomiLogでは、お子さまの成長を導くお手伝いをさせていただきます。

お子さまは、頭を固定することが発達の秘訣だった初期の赤ちゃんの頃から、ずいぶんと成長してきたことでしょう。今では、もう家具につかまってバランスをとったり、もしかしたら一人で立ったり歩いたりすることができるようになっているかもしれません。 

赤ちゃんは関心を受ければ受けるほど幸せを感じます。子供はあなたの助けを借りて自分自身を楽しませることを学びます。以下にあなたの子供と一緒に遊ぶ方法についてのいくつかのアイデアがあります。

1ヶ月から11ヶ月までの育児

赤ちゃんとの楽しい時間

  • 赤ちゃんにキスしましょう
  • 赤ちゃんを抱きしめましょう
  • いないいないばあ!で遊びましょう
  • 赤ちゃんに鏡で自分の鼻や顎を見せる、あるいはあなたの顎や鼻を見せてあげましょう
  • Gently tickle their tummy during bath time
  • Lift your baby up over your head
  • Point to something interesting, and make sure they see it
  • Show your baby pictures in a book
  • Give them a big smile.

してはいけないこと

赤ちゃんも11ヶ月の頃には、動いたり、物に触れたりしながら、自由を楽しんでいます。そのため、しつけは日常生活の一部となってきます。ToMomiLogのしてはいけないことリストを使って、幼いうちから「やってはいけないこと」を教えてあげましょう。 

現実的な期待をする 

赤ちゃんは何にでも夢中です。突いたり、捨てたり、舐めたり、しぼったり、投げたり、登ったりと何でもやってみます。また、食べ物にもうるさいので、気に入らなければテーブルの上のシリアルボウルをひっくり返してしまいます。

お子さまがどのように発達し、学習していくのかを考えてみましょう。お子さまは、明るいものや面白いものを見ると、それを感じたり、味わったりして学習します。この年齢で「見ても触らない」というのは、あまり意味がありません。

お子さまに探検をさせる

新しい環境にいるときは、赤ちゃんが探検できるように準備をしておきましょう。この時、必ず赤ちゃんの周りについていてあげてください。この頃のお子さまにじっと座っていることはできません。

しつけが肝心

良い習慣は何年もかけて成長していきます。それは赤ちゃんの注意力がより長く持続するようになり、より多くの配慮を持って探索することができるようになってはじめて実現します。ですから、今からしつけを始めておきましょう。

愛情はしつけの一部

子供のためにすることすべてにおいて、あなたと子供の間の絆は成長していきます。子どもと一緒に遊ぶときには、あなたがどれだけ子どもを愛しているかを示しましょう。子どもがあなたを愛し、尊敬していると、子どもはあなたを喜ばせるような行動をしたくなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *