ToMomiLog: 幼児を育み成長させる

お子様が生まれてから、ずいぶん進歩されましたね。それは立派な実績です!ちょっとしたことへの対処法や、状況に応じた適切な対処法を学ばれたことでしょう。 

赤ちゃんももうすぐ1歳、今年も楽しみなことがたくさんあります。幼児期には、楽しくて愛らしい瞬間ばかりです。ToMomiLogでは、これらの瞬間を最高のものにする方法を発見することができます。  

この時点では、赤ちゃんの身体的な発達に多くの気づきがあります。身の回りのものを認識できるようになった今、たくさんの体験型の探検を期待してください。 

1歳児の育児ヒント

この段階になると、お子様は常に周りを探検したがるようになります。この年齢の子供は、目を離すとすぐに他のことをしてしまうので、世話が大変です。

以下に、この時期に親としてできることをいくつかご紹介します。

関心を逸らす 

子供が暴れたり、かんしゃくを起こしたりしているときは、子供を怒らせたり、怖がらせたり、混乱させたりするので、大声を出したくなる誘惑に負けないようにしましょう。お子様がソファのひじ掛けに登った場合は、安全な床に移動させ、本を読んであげてください。これでお子様がやりたい事から関心を逸らすことができます。

一貫性を持つ

お子様の要求に譲歩すると、彼らは望むことが叶わない場合にはまたかんしゃくを起こすことを学んでしまいます。何が大丈夫で何がダメなのかがわかるように、限度を設定することが大切です。

常にポジティブに

もしあなたがお子様に対して「No」という言葉を常に言っているのであれば、お子様はあなたに同調し始め、自分が何かをしたくない場合には同じ言葉を使うかもしれません。 

お子様の行動が脅迫的でない場合は、建設的な言葉を使ってあなたの命令を伝えましょう。言葉の選択に気をつけることは、できないことがあることをお子様に知らせる方法の一つです。     

お子様のためにできるポジティブなヒントをいくつかご紹介します。

  • お子様に毎日本を読み聞かせる
  • お子様に探し物を頼む、あるいはお子様の身体の各部分の名前をラベルにして貼り付ける。
  • 形合わせやパズルなどの知育ゲームで遊ぶ 
  • 物を拾ったり、新しいことに挑戦したりするように促す
  • お子様に話しかけて、語彙を増やす手助けをしましょう。例えば、お子様がボールを指して「バーバ」と言ったら、「そうだね、これはボールだよ」と返事をしてあげましょう。 
  • 着替えや食事の介助など、お子様の自立心をサポートします。
  • 望まない行動を罰するよりも、望まれる行動に反応しましょう。代わりに何をすべきかを教えたり、見せたりしましょう。

公園に出かけたり、一緒に散歩したりして、身の回りのものを識別することに興味を持ち、意欲的になるようにしましょう。 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *