未就学児童の子育てのコツ

幼児から未就学児の段階に移行すると、彼らはより多くの感情表現をするようになるでしょう。かんしゃくを起こし、メルトダウンになる場合が多くなることを頭の隅に入れるべきでしょう。3歳になると、子供の集中時間は、話す力と一緒に成長していきます。今、彼らは指示に従う方法を学び始めているだけでなく、自分たちの考えや要求を伝え始めているんです。

そのほかに、子供の身長や体重も伸びていきます。彼らの運動能力は両方の要素に影響され、人それぞれ異なります。新しい物事を発見し実践するときに、学習の曲線を育てましょう。

 

あなたが考慮すべき、ちょこきら子育てのコツを下記より確認してください:

 

あなたの愛情を示す

親として、自分の子供に愛情や愛着を示すことは大切です。子供が自分の感情を理解できるよう親の感情を彼らに気づかせるのは不可欠なことです。

 

子供と過ごす時間を作る

愛情を表現するだけでなく、子供と一緒に過ごすことも重要です。何分だろうと何時間だろうと、自分の時間と注目する矢先が子供であることに専念して下さい。二人とも楽しめるアクティビティを見つけて遊びましょう。

 

おもちゃを遊んだり、本を読み聞かせたり、お気に入りの子供番組を見るのも良いでしょう。親として、特に一週間の仕事や家事のストレスから解放されたあと、子供と時間を共にすることこそ意味のある事ではないでしょうか。

 

子供とコミュニケーション

このような幼い年で、すでに透明と理解を示す練習の必要があります。自分の感情を子供に伝えることで、感情を表現すべきです。彼らの行動にがっかりしたとき、幸せと感じた時、彼らに伝えるのが最善であり、物事をはっきりさせるのに役立ちます。

問題を説明し、心配事を話し、子供と一緒に解決しましょう。私たちのように、子供にも説明が必要になります。彼らが価値観や動機をより多く学べる方法になるんです。

 

子供のお手本になる

子供は身の回りをまねる最初の段階にいるので、親がお手本になることが重要になります。親の身振りを見て行動を学ぶという研究があります。親として、子供の成長に大きく関わっているんです。

 

ルーティンを設定する

目覚めてからお休み前のおとぎ話の時間まで、一日中続くルーティンを設ける必要があります。保育園に行く前の準備として、日課の設定は子供を習慣づけるのに有効となるでしょう。

そのほかにも、十分な睡眠がとれる場合、その日のかんしゃくや怒りっぽい感情を和らげるでしょう。

健康な食事を準備する

毎日の日課のほかに、子供に健康な食べ物を提供すべきです。体が大きくなるために、食事の栄養を取れるようにすることは大事です。アメリカ心臓協会の声明によれば、幼児の一日の摂取カロリーは900~1200カロリーとするべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *